JOURNAL

#blog

ファッションと音楽。それぞれの世界観をFasicを通じてお届けします。
これを読めばきっと今まで以上にFasicのことを好きになるはずです。
お気軽にお楽しみください。

  • BLOG

2020.01.23

BABADUは何故高い??

そう。。。。

BABADUのレコードは何故高いのか。。。

調べてみると色々な事が書かれてますね。

“Hawaiian soul  の最高峰” “オリジナル盤はコレクター最難関”

”Lemuriaと双璧をなすHawaiian soul の頂点”

皆さんベタ褒めです。。(笑)

ここからは僕が考えた BABADU高額論(あくまで個人的考えです。。。)

1、単純に内容が素晴らしい。

2、プレス枚数

以上。

「 え。。。?」

「これだけ。。。。?」

そう、ざっくりと考えて浮かんだのは、この2点です。

内容の素晴らしさに関しては、90年代にレアグルーヴというジャンル(古いタイトルを探し新たに発見された音)が誕生し、Lemuriaが発見されたことが大きいかと。

なぜなら、BABADUのプロデューサーはLemuriaと同じカーク・トンプソン

Lemuriaを良しとした人達がBABADUにたどり着くまでにどれほどの時間を要したかはわかりませんが、、

そしてプレス枚数。。 Lemuriaと比べ明らかに少ないです。

数百枚しかプレスされなかったのでしょう。。

需要と供給が合わない時、物にはプレミアというものが生まれます。。

Hawaiiという土地と人柄が関係しているのかもしれません。。。

Hawaiiのレア盤と言われる、Tender LeafやBrandon Bray は本業はミュージシャンではなく別の仕事です。

言ってしまえば趣味の延長でのレコードリリースになります。

アーティストとして売れたいという気持ちよりも好きな時に曲を作り、好きな時に歌う。そんな感覚なのかもしれません。

そしてHawaiiという場所。島国の為か本土まで音が回らない事が多いイメージです。

そんなBABADUが遂にLP再発化( 7inch とCD化は先にしております)

僕もかなりの枚数のハワイ物を聴いてきましたが未だにBABADUを超えるタイトルはないんじゃないかと思ってます。

タイトルの内容、BABADUの優しくソウルフルな声、アルバムを通じて

新しいHawaiiの発見を約束します。

因みに。。。

BABADUはあだ名。。

本名は、ソロモン・K・デイビスIII世です(笑)

 

 

 

 

 

 

#Keywords

RELATED

RELATED